« ホロヴィッツとカルロス・クライバー | メイン | ドイツ・グラモフォンの「ボエーム」の録音 »

Erich Kleiber エーリッヒとハイフェッツのヴァイオリン協奏曲

エーリッヒとハイフェッツのブラームスのヴァイオリン協奏曲の話です。なぜ第一楽章がないのか?というのが今回のテーマです。

偶然にも、DOREMI(このCDのレーベル)の関係者の方からE-mailをもらいましたので、この件について質問してみました。"Concert Hall"というラジオの放送録音のようで

この放送では、ハイフェッツはしばしばヴァイオリン協奏曲から楽章を選んで演奏していた
30分のプログラムでは、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を全楽章演奏するには時間が足りない?

というのが氏の推測でした。第一楽章は、演奏/放送されていない可能性が高いようです。

なお、このCDには、男性の声のナレーションが入っていますが、これはLionel Barrymoreという当時有名だった俳優の声とのことです。 

Discographyのブラームス:ヴァイオリン協奏曲のリンク