« 1960年、カルロス・クライバーのテレマンの録音 | メイン | 1998年に入手したディスク »

Carlos Kleiber 1968年、プラハの春でのコンサート

1968年5月25日、カルロス・クライバーは「プラハの春」音楽祭で以下のプログラムを指揮しているとの情報を教えてもらいました。(2012年1月29日更新)

シューマン : ピアノ協奏曲 (独奏 : エッシェンバッハ)
ドヴォルザーク : 「謝肉祭」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第7番

オーケストラは、プラハ交響楽団

このコンサートについては、Helena Matheopoulos : "Maestro" (Harper & Row , ISBN 0-06-015103-X)の中に以下の記述があります。(以下、同書 p.461から引用)

There was another concert in Praghe, which Kleiber considers a failure and kept referring to for years whenever anyone tried to congratulate him for a superb performance in Stuutgart! "Yes," he replied, " but years ago in Prague it went very badly!" According to Dr Schaefer, he clung to this unique failure in his career almost with affection.

プラハの春音楽祭のウェブ・サイト(http://www.festival.cz/)のアーカイブでの当該コンサートの記録(同サイトから引用:チェコ語)

Sobota 25. květen 1968
20:00 hodin, Smetanova síň
PJ 1968/29
Antonín Dvořák: Karneval /Ouvertura/, op. 92
Robert Schumann: Kocert pro klavír a orchestr a moll op. 54
Ludwig van Beethoven: Symfonie č. 7 A dur, op. 92
Symfonický orchestr hl. města Prahy - FOK
dir. Carlos Kleiber /NSR/
klavír: Christoph Eschenbach /NSR/

この時のシューマン : ピアノ協奏曲は録音が残っているようです。

コンサートの写真
1968 Prag Festival
上の写真はLebenslauf : http://www.carlos-kleiber.de/より引用

1968 Prag Festival 02 1968 Prag Festival 03-1
上の2枚の写真は Charles Barber : "Corresponding with Carlos : The Biography of Carlos Kleiber" , Scarecrow Press , 2011. から引用