« 1999年に入手したディスク | メイン | カルロス・クライバーとスロベニア »

Carlos Kleiber デュッセルドルフでのオッフェンバックの録音

デュッセルドルフ時代の録音については存在していないようだという話を書きましたが、オッフェンバックの2つのオペレッタの録音があるという情報を教えてもらい録音を聞くことができました。

1962年6月にブレミエを初めて指揮したオッフェンバックの3部作(「魔法の横笛」(Le Fifre Enchante, ou le Soldat Magicien)、「結婚提灯」(Les Mariage aux Laturnes)、「チュリパタン島」(L'lie de Tulipatan))のうち「魔法の横笛」、「結婚提灯」の公演のWDRからテレビ放送されたものとのことです。1963年録音としていますが、録音した方の記憶も曖昧なため正確な年月は不明です。テレビ放送では「チュリパタン島」も放送されたようですが録音時にトラフルがあったので残っていないとのことです。

オッフェンバック : 「魔法の横笛」(Le Fifre Enchante, ou le Soldat Magicien)
オッフェンバック : 「結婚提灯」(Les Mariage aux Laturnes)、
  ライン・オペラでのライブ録音、デュッセルドルフ、1963年?

WDRのアーカイブにこの録音があるのかどうかについては確認中ですがアーカイブには残っていないようです。オッフェンバックのこのあたりのオペレッタは、日本では聞く機会もなく、初めて聞く作品ですので、本当にこの作品なのか、カルロスが指揮したものなのかの確証は得られていません。

Discographyの「魔法の横笛」へのリンク
Discographyの「結婚提灯」へのリンク