« クライバーに関する書籍 | メイン | 2001年に入手したディスク »

Carlos Kleiber 2001年に入手したディスク

2001年に入手したカルロスのディスクをまとめました。(2002年2月3日追記)

My 011240 レーベル : MYTO
ディスク番号 : 2MCD 011.240(2CDs)
購入日 : 2001/02/24
都内ショップにて
3,880円(税別)
1979年3月22日、ミラノ・スカラ座での「ボエーム」のプレミエのライプ録音。Exclusive、CasanovaからCDが発売されていました。
Paco 1021 レーベル : Passion & Concentration
ディスク番号 : PACO-1021
購入日 : 2001/03/15
都内ショップにて
2,480円(税別)
1983年6月2日、シカゴ交響楽団とのモーツァルト33番、ブラームス2番のライプ録音(CDR使用、モノラル録音)。このコンサートでのバターワースの1番はこれまでに発売されていましたが、モーツァルトとブラームスは初めての発売になります。
Gm 60009 レーベル : Golden Melodram
ディスク番号 : GM 6.0009(2CDs)
購入日 : 2001/03/17
都内ショップにて
2,790円(税別)
1978年6月12日、ミュンヘンでの「椿姫」のライプ録音(モノラル録音)。この録音は以前ArtistsレーベルからCDが発売されていました。
Gm 50028 レーベル : Golden Melodram
ディスク番号 : GM 5.0028(2CDs)
購入日 : 2001/03/17
都内ショップにて
2,490円(税別)
1980年2月16日、ロイヤル・オベラでの「オテロ」のライプ録音(ステレオ)。この録音はCaptalRedioで放送されたようですので、このCDもその放送録音がもとになっていると考えられます。初めての発売になります。
Gm 40051 レーベル : Golden Melodram
ディスク番号 : GM 4.0051(2CDs)
購入日 : 2001/06/24
都内ショップにて
2,790円(税別)
1963年デュッセルドルフでのオッフェンバック:「魔法の横笛」「結婚提灯」のライプ(モノラル録音)。デュッセルドルフ時代の最初のプレミエであるオッフェンバックの三つの一幕物のうちの2作品です。このCDには、1966年、チューリッヒ市立歌劇場オーケストラとのライブと記載された「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲の他4曲(モノラル録音)も収録されていますが、この録音は1992年のウィーン・フィルとのニューイヤーコンサートのものと似ています。オッフェンバックは初めての発売になります。
Red Red07 レーベル : Re!Discover
ディスク番号 : RED 7
購入日 : 2001/06/26
都内ショップにて
2,480円(税別)
1972年、ケルンでのケルン放送交響楽団とのハイドン「驚愕」、ベートーヴェン7番のライブ録音。MeterからCDが発売されていました。
Gm 60011 レーベル : Golden Melodram
ディスク番号 : GM 6.0011(2CDs)
購入日 : 2001/10/20
都内ショップにて
2,790円(税別)
1971年6月17日、シュトゥットガルトでの「エレクトラ」のライプ録音と記載されています(モノラル録音)。シュトゥットガルトでの「エレクトラ」は、去年、Passion & Concentrationレーベルから1971年7月6日の録音というのが発売されていましたが、この録音とは別の物かと思っています。
Ga 410 レーベル : Great Artists
ディスク番号 : GA 4-10(4CDs)
到着日 : 2001/12/16
インターネット通販
7,000円(税別)
"Great Artists Carlos Kleiber Vo.1"という4枚組のCDです。(CDR使用)「魔弾の射手」序曲・シューベルト3番 ・ベートーヴェン5番 ,CSO,1978年ライプ 、 ベートーヴェン4番 /7番 ・「こうもり」序曲・「雷鳴と電光」,BStO,1986年ライプ 、 モーツァルト36番 ・ブラームス2番 ,VPO.1988年ライプ、 モーツァルト33番 ・「英雄の生涯」,VPO ,1983年ライプ が収録されています。いずれもこれまでCDで発売されていました。

雑文集