« カルロス・クライバーのビデオ | メイン | マーラーとエーリッヒ・クライバー »

Carlos Kleiber 続カルロス・クライバーとスロベニア

2004年7月にスロベニアで亡くなってからのこれまで更新情報に書いてきたスロベニア国内での追悼コンサート等の情報をまとめました。(2014年9月21日、更新)

2004年7月18日、死去に関連するニュース

2004年7月18日に、The Slovene Press Agency (STA)のウェブ・サイトに掲載された記事
OBIT/MUSIC Classical Music Loses One of Its Leading Conductors
Ljubljana, 18 July (STA) - World-famous conductor Carlos Kleiber, who passed away after a prolonged illness on 13 July, was buried on Saturday in Konjsica in the Zasavje region, eastern Slovenia. Kleiber, whose mother was Slovenian, performed in leading world's opera houses and orchestras during his long career.

13日になくなったこと、土曜日にKonjšicaに埋葬されたことが記載されています。また、母親がスロベニア人であるという記述がこの記事にすでにあり、その後のいくつかの記事がそのまま報道したのだと思います。奥さんはスロベニア出身です。

RTV Sloveniaの死去を伝えるニュース(7月20日)

2004年7月20日に、スロベニアの方からお墓の情報と写真を送ってもらいました。(Thanks to Andrej Lenarcic)

Konjšica - a little hamlet (150 resident cca) in Zasavje Hills Region, on the right side of Sava river, 55km to the East from Ljubljana, Slovenia, placed over a narrow passage, 480 m above sea level.
Parish: Šentjurij - Podkum
Succursal at place: The Sv. Jernej (St. Bartholom?us) church (cemetery).

写真 墓碑は奥さんと2人の名前になっています。
Grob Kraj

2004年7月26日、墓前での追悼コンサート

2004年7月26日に、墓前でスロベニア・フィルのメンバーによる追悼コンサートが開催されました。

Slovene Press Agency STAの7月26日の追悼コンサートの記事

Philharmonic Society Chamber Orchestra to Perform for Kleiber
The chamber orchestra of the Slovenian Philharmonic Society will pay a tribute to the recently deceased conductor Carlos Kleiber by holding a commemorative concert on his grave in the village of Konjsica on Monday, 26 July.
Source: Slovene Press Agency STA

RTV Sloveniaの墓前での追悼コンサートの模様を伝えるニュース(7月26日)

2004年11月4日、リュブリャーナでの追悼コンサート

2004年11月4日、リュブリャーナでスロベニア・フィルの追悼コンサートが開催されました。(指揮:ムーティ、プロクラム ; シューベルト:「未完成」、ブラームス:アルト・ラプソディ)

スロベニア共和国、Public Relations and Media Officeのコンサートの記事

http://www.uvi.si/eng/slovenia/publications/slovenia-news/1396/1410/

Conducted by Muti, Philharmonics Pay Tribute to Kleiber

Ljubljana, 4 November
The Slovenian Philharmonics paid a tribute to Carlos Kleiber, the acclaimed conductor who was buried in Slovenia earlier this year, with a concert featuring the great Italian conductor Riccardo Muti on Thursday evening. Kleiber was posthumously awarded the title of honorary member of the Slovenian Philharmonic Society.
Director of the Vienna State Opera Ioan Holender labelled Carlos Kleiber a unique conductor in the history of music.
In an address read before the concert by Austrian Ambassador to Slovenia Valentin Inzko, Holender said that philosophically, one could say that Kleiber's creativity of interpretation allowed him to get much more out of a piece of music than their composers could have foreseen in their imagination.
Carlos Kleiber always searched for the full realisation of the absolute, according to Holender.
Kleiber's niece Brigita Drnovsek was handed a document by which the Slovenian Philharmonic Society posthumously awards Kleiber the title of honorary member.
It was Milan Kucan, the former Slovenian president, who had the honour to hand her the document. He used this occasion to stress that the Philharmonics count Kleiber with respect and pride among the great names of music with whon they had the honour to cooperate.
As a conductor Kleiber made only two guest appearances in Ljubljana. He conducted the Philharmonic Orchestra in 1997 and earlier also the Symphony Orchestra of the public broadcaster.
Conducted by Riccardo Muti, who was a long-time friend of Kleiber's, the Slovenian Philharmonics, the male singers of the Slovenian Chamber Choir and the Consortium Music choir, and mezzo-soprano Bernarda Fink performed the Schubert Symphony No. 8 "Unfinished" and Brahms Rhapsody for Alto, Male Chorus and Orchestra.
The concert was initiated by Slovenian Foreign Minister Ivo Vajgl and his then Austrian counterpart Benita Ferrero-Waldner after Carlos Kleiber died on 13 July, aged 74. He was buried in Konjsica in the east of Slovenia in line with his wish to be buried beside his wife, ballerina Stanka Brezovar, who died last December.

RTV Sloveniaのリュブリャーナでの追悼コンサートを伝えるニュース(11月5日)

スロベニアの情報を伝える "Slovenian Magazine"(隔週で放送される25分のテレビ番組)の "The famous conductor Carlos Kleiber and Slovenia" という5分間の特集(第269回、2004年12月4日、英語)

2005年7月3日、墓前での式典

ドイツ在住のNakagawa様からスロベニアで行われた式典の情報を教えていただきました。
7月3日 スロヴェニヤのコンシチャでカルロス クライバーの75歳の誕生日を祝う式典が行われ、カルロス クライバー記念館がオープンされました。式典は屋外でのミサに始まり、地元の合唱団(指揮Toma Brezovarja氏はクライバー夫人の兄(弟?)の演奏、市長及びオーストリア在スロヴェニヤ大使の挨拶の後、ウィーンフィルハーモニーのメンバーによる モーツァルトのフルート四重奏の演奏がありました。 クライバー記念館は教会墓地の隣に建てられた小さな小屋で、2部屋にクライバーのスロヴェニアでの生活を物語る写真が展示され、一室に置かれたヴィデオでDVDを鑑賞できます。集まったのは200人ほど、ほとんどは地元のスロヴァニア人で、式典はその後 野外のビュッフェ、民俗音楽グループの演奏などが続き、青空の下、村の夏祭りへと移行していきました。大変素朴でなごやかな式典でした。 日本人は私一人でしたのでご一報いたします。

RTV Sloveniaの式典の模様を伝えるニュース(7月3日)

Konjšicaに関する情報

Konjšica (Google Map)
大きな地図で見る

Konjšicaのウェブ・サイト(スロベニア語)
http://www.litija.net/konjsica/ のサイトはアクセスできなくなっていました。

YouTubeにあるKonjšicaの映像