« 共演したビアニスト | メイン | 国別の指揮回数 »

Carlos Kleiber ロンドン交響楽団との記録

ロンドン交響楽団(LSO , London Symphony Orchestra)との記録。(2017年12月29日、更新)

ロンドン交響楽団(LSO , London Symphony Orchestra)のWebサイトに以下の記述があります。http://lso.co.uk/orchestra/history/did-you-know.htmlから引用。


Carlos Kleiber conducted the LSO only once, in 1981 in Milan and London. Although the audiences were ecstatic, the reviews were extremely critical and as a result Kleiber never returned to London.

1981年6月5日、ミラノ、スカラ座でのコンサート

公演プログラム
ウェーバー:「魔弾の射手」序曲
シューベルト:交響曲第3番
ベートーヴェン:交響曲第7番

スカラ座でのコンサートの写真
Lso Milan 1 Lso Milan 2
写真は Leonardo Pinzauti : "Carlos Kleiber" , Il Sole Ole 24 , 2003. から引用(p.39 , pp.36-37)

2008年3月にイタリアのラジオRAI 3で放送された番組 "Il sorriso della musica: un ritratto di Carlos Kleiber" でスカラ座でのベートーヴェン7番の一部分が放送されました。スカラ座のアーカイブにはクライバーの音源がかなり残っているようですので、これもそのうちの一つと考えられます。

1981年6月9日、ロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのコンサート

ウェーバー:「魔弾の射手」序曲
シューベルト:交響曲第3番
ベートーヴェン:交響曲第7番

当日のプログラム冊子
19810609 Lso Concert 01-1 19810609 Lso Concert 02 19810609 Lso Concert 03

どちらのコンサートも、カール・ベームが指揮予定だったが病気のためクライバーに変わったもののようです。

2004年、ロンドン交響楽団の創立100周年に出版された本があります。
Lso Book

"Orchestra The LSO : A Century of Triumph and Turbulence"
Richard Morrison , Faber and Faber Limited , London , 2004
ISBN 0-571-21583-1
この本には、クライバーに関する記述として以下のものがあります。(同書 p.124から引用)。

In the end, of course, it all comes down to chemistry. The LSO's chemistry has always been unique: combustible, dangerous but capable of powerful results when properly handled. Some conductors enjoy igniting that; some find it too hot to handle; some actively resent working with an orchestra that has a bigger personality than they do. Inevitably the most entertaining stories concern the relationships that failed. And sometimes that failure is through no fault of the orchestra's. Having assiduously cultivated the reclusive and demanding Carlos Kleiber to come and conduct the LSO early 1980s, for instance - and given what they thought was a once-in-a-lifetime sort of concert in the Festival Hall - the LSO players were mortified when what Anthony Camden describes as 'some crazy critic' wrote 'one negative remark' in a newspaper the following day. The critic had a perfect right to express his opinion, of course. The problem was that Kleiber learnt about the review, and decided never to conduct an orchestra in London again.

ロンドンでのコンサート後の新聞評として、The Daily Telegraph紙(Robert Henderson)、The Guardian紙 (Edward Greenfield)、The Observer紙 (Peter Heyworth)があるようですが、前の2紙の批評は批判的なものだったようです。

雑文集

前の雑文 ;
共演したビアニスト.

次の雑文 ;
国別の指揮回数.