« ニューヨーク・フィルハーモニックとの記録 | メイン | 2009年に入手したディスク »

Carlos Kleiber 1965年、チューリッヒでの「ファルスタッフ」

伝記の日本語訳[1]の172ページにチューリッヒでの「ファルスタッフ」について以下の記述があります。

劇場の記録によれば彼は《ファルスタッフ》を4回指揮した。エレーデもまたこのオペラの初演を1965年1月中旬にチューリヒで行い、拍手喝采のうちに終った。

チューリッヒの新聞("Nueu Zürcher Zeitung")に劇場案内の記事[2]が毎日掲載(演目・指揮者・歌手の予定)されていますが、それをもとに調べた「ファルスタッフ」のこのシーズンの公演は以下のようになります。

・1月 3日に、アルベルト・エレーデの指揮で新演出プレミエが行われ、3日のほか6日・8日・10日・13日・15日・17日・24日・28日に公演あり。(指揮はエレーデ、13日のみキャスト記載なしで指揮者不明)
・2月 3、21日の2回、21日はクライバー指揮、3日は指揮者不明。
・3月 4、10、21日の3回、4日はクライバー指揮、10日は指揮者不明、21日はエレーデ指揮。
・4月 3、11日の2回でいずれもエレーデの指揮。
・6月 フェスティバル(Internationale Juni-Festwochen Zürich 1965)中の1、13日の2回でいずれもエレーデの指揮。

ヴェルナー氏のウエブ・サイトにある演奏記録[3]によると

Giuseppe Verdi: Falstaff 3., 21. Februar 1965, 4. März 1965, 10. März 1965

となっていますので、2,3月の指揮者不明の2回もクライバー指揮となり、計4回の公演になります。

[1] 『カルロス・クライバー ある天才指揮者の伝記 上』、アレクサンダー・ヴェルナー(著)、喜多尾道冬・広瀬大介(訳)、音楽之友社、2009年
[2] "Nueu Zürcher Zeitung"
[3] Aufführungen - Carlos Kleiber Homepage.
   (http://www.carlos-kleiber.de/auffuehrungen.html)